足指トレーニング

左手首の骨折回復のため、春からひたすらリハビリに通っている。

担当の理学療法士がひとつ年下の同年代の男性であり、同郷でもあることから、最近は特に色々と話をするようになった。

そして先日、全身の重心と下半身の安定(エロい意味ではない)に関する非常に良い事を教えてもらった。

足の指のトレーニングを行うのである。

これからその方法を記述していくのだが、せっかくなので、内容を実践しながら説明を読んで欲しいと思う。

1.靴下やストッキング等を脱ぎ、素足になる

 

 

 

準備は良いだろうか?

 

 

 

2.右足の親指と人差指の間に、右手の人差し指を入れて挟み、2~3回軽くこする。

 

 

 

できたか?

 

 

 

3.右手人差し指を顔の高さまで上げ、指を地面と垂直に立てる。

 

 

 

肩に力を入れないように。

 

 

 

4.右手人差し指をゆっくりと顔に近づけ、最終的に指の第二関節周辺を鼻に接触させる。

 

 

 

これがきちんとできていないと、意味がない。

 

 

 

5.臭いを嗅ぐ。

 

 

 

 

 

 

臭かったら、足を洗った方が良い。

超臭かったら、水虫であることを疑ったほうが良い。

気絶してしまったら、覚醒後に病院に行くことだ。皮膚科だぞ。

 

 

ちなみに、上記の行動に大した意味はない。

見事にひっかかったな、このやろう、とだけ言っておこう。

ここからが本題だ。

まず、手を触れずに、足の指を真横に動かしてみよう。

また、同じく手を触れずに、足の指全体を真横に開いてみよう。

できるだろうか?

元来、足の指は関節の構造上、真横にも動くはずで、そのための筋肉も存在するのだが、使わないために退化してしまっている。

従って、もともとレアな体質の人か、よほどスポーツなどで足を使っている人でなくては、初めから足指を真横に開いたり動したりはなかなかできないと思う。(という感じのことを理学療法士が言っていた。)

足の指が横に動かせるようになると、両足立ちの時は言うに及ばず、片足立ちの時の安定感も格段に向上するらしい。

それで、どのようにトレーニングするかというと、非常に簡単である。

足の指を1本づつ手で持って、動かしたい方向に何度も動かすのである。

トレーニングと言うよりは、ストレッチと言ったほうがしっくりくる。

この際、どの筋肉が動いているかを常に意識し、最終的にはその筋肉を用いて、手を使わずに足指を開くことができるようにする。

これは、動かない部分を少しずつ動くようにしていくという、リハビリの要素が取り入れられているようだ。

私は普段から仕事でも座りっぱなしが多く、特に足腰がなまるため、上記の方法以外に、真横だけではなくあらゆる方向に足指を動かしてストレッチを行っている。

また、つま先歩きも非常に有効な手段だと気付いたので、家で家事をする時はできるだけ踵を浮かせ、足指と足裏を鍛えつつ、姿勢が崩れないように重心を保つ訓練を行っている。

現在私が行っている足指トレーニングは以上である。

2週間ほど前から始めたのだが、指は若干しか開かないものの、第一関節の辺りの幅がわずかに広くなり、足裏の接地感覚にもかなりの変化が感じられる。

ただ急に足の感覚が変わった上に、元来運動音痴なので、どうにもバランスが良くない。

昨日の稽古時にも先輩から、咄嗟の動きに対応できるような臨機応変な足の運びを身につけた方が良いという指摘があったので、さらに下半身へのトレーニングを行っていこうと思う。

稽古動画110817

左手も少しは動くようになってきたので、基本の三本を再度撮ってもらった。

今回は二刀目も省略せずに抜いた。

まずは「抜付」。

やはりまだ鞘引きが十分でない感がある。

次に「十文字」。

二刀目を振る前に、左手で柄をしっかり握れていない。

最後の「逆袈裟」。

これは上記の十文字よりもひどくて、左手の指が3本しか柄にかかってない状態で振ってしまった。

そのせいで、振りが極端に小さい。

竹明流では、振りかぶらないでとにかく大き振る(介者剣法なので)という指導をいただいているということもあり、現在は左手の怪我のこともあるので、粗くてもいいのでとにかく力強く抜いて振れるように意識している。

バガボンド風の似顔絵

アメリカ在住の剣道・居合道家の陸さんに、似顔絵を描いてもらった。

写真を何枚かメールで送り、バガボンド風のタッチでという無理難題をお願いしたのだが、期待以上にかっこ良くできてきた。

まあ、モデルも良いからなw

そして陸さんは似顔絵に凝り始め、急に色々と書き始めた模様w

私はこの似顔絵の代わりとして、デジタルで陸さんを萌えキャラ風に描くことになっている。

ちなみに直近では下記のような某人のイメージ画を描いた。

陸さんのもたぶんこういう感じになると思うが、自らヨーダに似ていると主張していたので、なかなか難しいぞ・・・

抜刀動作について

2011年5月22日に掲載した記事「リハビリ中に抜刀」の中の私の動画に関して、過日ツイッター上で他流派の方々を交えての居合談義となったのだが、私の浅学さ故に謎が残った。

そこで、剣友会での稽古の際に先輩方に質問し、詳細をご教示いただいた。

対象の動画は以下のものである。

ツイッター上での議題で謎が残ったのは、「居合腰になったときに鞘を引き出して構えているが、それはどうしてなのか?」という内容であった。

それに関する内容に触れる前に、前提として以下の内容を記載しておく。

 

動画で抜いているのは、大阪剣友会で無外流や竹明流などの刀を習い始める際に、一番初めに習う基礎訓練的な三本の業で、「基本の三本」と呼ばれている。

「抜き打ち」「十文字」「逆袈裟」の三本で構成されており、刀の基本的な抜き方が網羅されている。

この動画を撮った時、左手首骨折回復のためのリハビリを始めたばかりで、左手でしっかり柄を保持することができなかったため、「十文字」「逆袈裟」のニ刀目は省略して稽古している。

また、痛みで鞘の操作が行い難かったため、必要以上に鞘を引き出してしまっているので、それが目立ったのかも知れない。

そして大前提として、私は極めて初心者であるからして、下 手 で す よ ー 。

 

・・・ゴホン。

以上の状況をふまえ、肝心の内容の方に移る。

大阪剣友会では無外流でも竹明流でも共通して、構える際は鞘を引き出して鯉口を抜く方向に返す。

教えの内容によると、鯉口を返すのは無外流の特徴。

また、鞘を少し出すことに関しては、構える際に自然と出るので、他の流派でも少しは引き出しているはずだとのこと。

つまり、大小の差はあれ、構えたときに鞘は引き出されているということらしい。

そして肝心の鞘を引き出す理由についてだが、鯉口を返すことと合わせて様々に教えていただいたが、まとめると以下のようになった。

 

1.素早く抜刀する。

予め鯉口を抜刀方向に返しておくことにより、鞘を捻る動作なしで一直線に早く刀が抜くことができ、抜刀後の振りの速度も速い。

刀の軌道が読まれやすといういリスクはあるが、早さと気迫で押し斬るようにするとのこと。

また、鞘を引き出して、正中線に近い位置から鞘側と柄側に均等に抜刀していくことで、鞘放れの際に体を左右に開きやすくし、抜刀の勢いを高める。

2.正中線を防御する。

鞘を引き出し、鞘と鍔を正中線上に持ってくることによって、正中線周辺を防御する。

おそらく、抜刀動作を中断して柄での防御動作に移行するのも、こちらの構えの方が有利だと思われる。

 

以上が今回の談義に関する回答である。

また更なるご意見があれば、後学のためにも頂戴したい。

左手の調子もずいぶん良くなってきたので、前述の「基本の三本」に関しては、再度撮影して掲載してみようと思う。

以上っ!寝るっ!

梅干のおとりよせ

今年2月末にスノボで左手首を骨折した。

その際には、各方面からお見舞いをいただいたり、お世話になったりした。

いまだリハビリ中ではあるが、日常生活に支障のない程度には回復してきたので、ここいらで快気祝いをしておこうと考えた。

丁度ツイッターの武道談義を通じて仲良くなった、梅農家の鬼ノ下さんが良い品を扱っておられたので注文させてもらった。

梅の里の梅農家 木下農園

すごく大粒でうまそう・・・GOKURI・・・

早速白米を炊いてむしゃむしゃw

やばい、つい食い過ぎてしまう・・・

このあっさり味がそうさせるのだ・・・

結論。

おいしい。

今回購入した「兵糧梅」には、普通とはちみつ入りの2種類がある。

両方とも、酸っぱすぎたり辛すぎたり甘すぎたりはなく、あっさりしていて食べやすい。

はちみつ入りは、はちみつの風味がして個人的には特に好みだった。

配らせてもらう方々にも、きっと喜んでもらえるのではないかと思う。

日々の飯 ~あんかけだし巻き玉子~

我が家にはだし巻き用のフライパンはないので、通常のフライパンを使用する。

おまけにコテ的な道具もないので、箸で巻いていく。

玉子、ぱりぱり。

ネギ、ざくざく。

玉子・ネギ・だし醤油、ぐるぐる・・・どぼ・・・じゅーじゅー。

さすがに玉子10個分のだし巻きは巻くのが難しい。

何ていうか、重量感があって巻きにくい。

次にあんを作る。

冷凍の人参・ゴボウ、ぐつぐつ。

こんぶだし・醤油、ちょぽちょぽ・・・ぐるぐる。

片栗粉・水、ぐるぐる・・・じゃば・・・ぐるぐる。

できあがり。

残りは保存。

あんの色が染みるし固くなるけど、気にしない気にしない。

そういや、最近はあまり一眼で撮らなくなったなぁ。

コツ掴むと、ブログ用の写真だとは携帯のカメラで十分って気がしてくる。

いかんいかん。

保護中: 無外流内伝

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー: Budo | コメントを読むにはパスワードを入力してください。