「その動機、ゼンなり。」公演案内フライヤー

妻が出る公演のフライヤーを作った。

公演の詳細はこちら

2655稽古日誌
http://blog.livedoor.jp/twosix55/

Blog130801-01

Blog130801-02

特にテイストの指定もなく、演目の内容に合致してなくても良いので自由な発想で作って欲しいとのことだったので、好きに作らせてもらった。

普段の仕事で作るものは基本的に商業的なものばかりだし、クライアントの意向がふんだんに反映されたものになることが多い。

それ故に、こういう自由に作れる機会は稀有であり、なかなかに楽しい。

※ 宣伝のため、この記事は公演が終わるまでトップに常駐させます。

 

iPhoneケース

妻の家紋(五三桐)と私の家紋(三割桔梗)を入れたデザインを作って、オリジナルのiPhoneケースを注文してみたのだが・・・

Blog130620-01

・・・おわかりいただけただろうか・・・

黒の方の印刷が上下逆www

制作したところに状況を報告したところ、非常に真摯な対応をしていただけたので良かった。

第3回和泉ジュニアオープンゴルフ大会の制作物まとめ

まあ、たまには仕事の記事をば。

パンフレット表紙のデータ。

できあがったパンフレットはこんな感じ。

看板のデータ。

他にも、チラシとかポスターとか子供用の名刺とか、色々作った。

大会当日はカメラチームとして大会の撮影を行った。

今年も大変だったが、無事終了。

ゴルファーイラスト工程 ~仕上げ~

前回の「ゴルファーイラスト工程 ~ベクターデータ化~」では、仮の色をのせいていたが、色を調整して着色。

ちょっと色合いが気に入らないので、今後変更する可能性はあるが、一応イラスト単体としてはこれで完成。

数カ月以内に、和泉市内の各所でコイツを見かけることがあると思うぜ。

ゴルファーイラスト工程 ~ベクターデータ化~

先日の「ゴルファーイラスト工程 ~下描き~」の続き。

Photoshopで作った下描きを用いて、Illustratorでイラストをベクターデータ化する。

「ベクターデータ」とは?(Wikipedia)

まずPhotoshopのファイルを読み込んで半透過させる。

その後、半透明になった輪郭線を、修正しながらトレスしていく。

ライブトレース(オートトレース)もできるのだが、個人的に精度がいまいち良くないように感じるので、手作業で行う。

現段階の着色は仮の色だが、一応の色をのせておくことで、この後の着色工程が色々と行い易くなるのだ。

ここまで来ると、だいぶ完成のイメージが見えてきた感じがする。

続く。

ゴルファーイラスト工程 ~下描き~

数日前から、ゴルフ大会用のキャラクターイラストを少しづつ描いている。

イラスト制作する時は、題材やタッチによって作業パターンが異なるので、これはその作業備忘録。

私は紙に下描きをしてスキャナで読み込み、それをもとにイラストレータで描いていくことが最も多いが、今回は頭の中のイメージが割と定まっていたので、ダイレクトにPhotoshopで下描きを行った。

下描きを参考にしつつ、はっきりした輪郭を決めていく。

迷い線や輪郭のイメージを修正して、各部位の立体感も考慮した構図にしていく。

高解像度で描いているので、この段階までくると着色すればほぼ使用できるレベルにはなる。

しかし今回のイラストは、A4サイズからポスターやそれ以上の大判に印刷する可能性がある。

そういう理由から、伸縮に有利なべクターデータにするために、これを下絵にしてIllustratorでトレスする。

後日の作業に続く。