三脚は意外と高いんだぜ。

最近、私が登録している「写真素材 フォトライブラリー」から、
写真のダウンロードをしていただけることが、じわじわと増えている。

技術的にも環境的にも拙い写真素材であるのにも拘らず、
様々な用途にご採用いただける事は非常に光栄です。

この場にて、厚く御礼申し上げます。

「写真素材 フォトライブラリー よしよし侍のページ」
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_71514_1.html

現在は撮影環境の充実をしたいなぁと考えてはいるだが、
今の私のスチール撮影は、あくまでアマチュアの域を脱しない。

従って、あまり予算を投入することも困難な状況下にあるのだが、
可能な限り少しでも撮影環境の向上を推し進めて行きたい。

・・・で、先日三脚を買った (*´・∀・`*)ゞ

「SLIK F740」

◆ 私的概論 「三脚」 ◆

「最終的に三脚は最低3本は買う事になる」という言葉を聞いた事があるが、確かに三脚は、
実際に使ってみないと、その価値が分かり難い種類の道具である。

「写真を撮る」という観点のみから三脚の価値を考えてみると、
操作性などの細かい要素も重要ではあるが、基本的にカメラを固定して使用する為、
簡単には動かないことが最重要な要素となる。

ということは「作りがしっかりしていて重量のある物ほど良い」ということになるのだ。

しかし実際の使用状況を鑑みると、携行性や設置時の扱い易さなど、
現場の状況に応じた様々な要素のバランスを鑑みる必要があり、
一概に「作りがしっかりしていて重量のある物」と言う点のみを
最重要視して購入するの事が最良とは言えない。

また、上記の様な十分な性能を備えている製品は、
基本的に高価である事も検討の大きな要素である。

最終的にはある程度の価格のしっくりくる物に落ち着くかとは思うのだが、
初めは三脚の善し悪しが解らないし、安価~高価な品が幅広く流通しているので、
まず安価な物を購入して、実際に使用してみて、
状況や技術力に応じて次の段階のものを購入するのが良い様に思える。

ちなみに仕事で使用している動画撮影用の三脚は10万位する。
(静止画用の三脚と動画用の三脚は、構造が異なる)

結論として、3万円位の欲しい品はあったが、まずは安価な品を購入した。

少し先にはなりそうだが、次は照明だな・・・

◆ 【私的概論】三脚 シリーズ ◆

三脚は意外と高いんだぜ。

【私的概論】三脚Vol.1

【私的概論】三脚Vol.2