遺跡でヒャッホイ・前編 -ラピュタは本当にあったんだ-

沖ノ島・地ノ島・虎島・神島の4島を総じて友ヶ島と称する。

和歌山県と淡路島の間に位置し、明治時代から第二次世界大戦まで使用された、
軍用施設の遺跡が点在する島。

その地に、三重県在住の友人「正しい木」と共に上陸した記録である。

物語は島を臨む港より始まる・・・

※登場人物紹介
正しい木:黒Tシャツ・Gパン・革靴の男性
よしよし侍:紺Tシャツ・ベージュカーゴ・サンダルの男性

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここが加太の港か・・・

ここから友ヶ島に渡る連絡船が出ているらしい。

地元では有名な海水浴場でもあるのだが、さすがにまだ人はいない。

さて、フェリー乗り場はどこなのか・・・

目的の場所を求めて彷徨う旅人。

(実際、場所が分からなくて1時間くらい迷ってたwww)

ついに上陸!

島に降り立ちハイテンションな2人は、早速中二病に感染し、厨な行動を開始したw

な・・・何か見えるぞ!

ラピュタは本当にあったんだ!!

ちょっと俺、中見て来るわ・・・

あれ?ちょっと!これ、遺跡の罠じゃネ!?

捕獲される正しい木www

いやーラピュタ凄いわ。

そして正しい木は海へと還る・・・w

更に奥地へと進む正しい木とよしよし侍。

そこで2人を待ち受けていたものは・・・

なんかKOEEEEEEEEEEEEEE!

おっ!こっちも何かあるぞ!

バイティングアングルを考慮した見事な曲線。

まるでズゴック・・・

良く考えたら、旧日本軍の軍事施設なので、ある意味ジャブロー的www

ズゴックの内部。外部はほぼ地下に埋まってる状態。

砲塔を突き出したまま、回転可能な構造になっている。

ふんふふ~ん♪

草原を歩く少年(の様な心を持ったおっさん)。

そして、灯台発見!

どっこいしょ。

ちょっ、このアングル良くネ?

どっこいしょ。

ちわ~佐川急便です~w

眺めイイ (・∀・)

すげー松だぜ。

聴音所跡。

潜水艦とかを観測してたらしい。

さらに奥地へ・・・

景色が綺麗過ぎるだろwwwもう住みたいぜ。

あまりにも自然を満喫しすぎたのか、中二病が悪化・・・w

とりあえず、古代的な雰囲気で祈ってみたwww

そして・・・

翔んでみたwww

何か航空的な施設らしい。

ちょっ、キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

もうヤバそう過ぎる雰囲気がプンプンwww

◇ 次回予告 ◇

行く手に現れた、日の光の及ばぬ漆黒の洞窟!

更なる遺跡の奥に、2人を待ち受ける運命とは!

そして帰りの最終連絡船に、果たして間に合うのか!

次回「遺跡でヒャッホイ・後編 ~サブタイトル未定~」

乞うご期待!