剣術。

数か月前から、剣術の稽古に行っている。

高校・大学時代には、部活動として7年間弓道を稽古して四段を取得したのだが、
社会人になってからは運動らしい運動はほとんどやっていなかった。

実はかなり昔から居合をやってみたかったので、ネットで色々と探してみて、
良さそうな団体を探して見学に行った。

剣道は高校の授業で少しだけやったことがあったので、
それとは異なるものだという認識はあったが、
剣術・抜刀術・居合道は全て異なるものだという事を、見学に行って初めて知った。

ちなみに、私が卒業した浪速高校は数少ない神道系の学校で、
敷地内に神社があり、授業でも「神道」や「武道」といった特殊な授業があった。

今はもう共学になっているので、
未だに「武道」の授業が行われているかどうかは分からないが、私の在学当時は男子校で、
「武道」では柔道か剣道が必習という、現代の教育現場では考え難い昭和初期的鬼設定だったw
この辺りのネタに付いては、かなり面白いので、後日書くことにしよう。

で、

私の入会した大阪剣友会では、
「竹明派二天一流剣術」「竹明流抜刀術」「無外流居合道」を稽古しているので、
年月はかかるが、剣術・抜刀術・居合道が一通り学べる贅沢仕様だ。

会員の方々も非常に個性的かつフレンドリーだ。

「古武道生活 大阪剣友会」
http://space.geocities.jp/habitxx/

過日、会の紫明さん・こだまさんに同行してもらい、道具を買いに行って来た。

流派などによって色や仕様が異なるようだが、大阪剣友会では、
上着と帯は柔道の物を使用している。

木刀を用いて稽古をするので、体に当たった場合に少しでも大丈夫な様にとの事らしい。

そして、袴は白。

弓道ではずっと黒を使っていたので、新鮮だ。

袴紐の結び方も異なり、弓道では「結び切り」だったが、剣術では「十文字」。

そしてMy木刀。



写真では分かり辛いが、「剣峰」と言って、
真剣と同じように峰が「∧」の形になっている物を使用する。

稽古時には、木刀同士が頻繁に接触する為、
出来るだけ良い品を見定めて購入する方が良いのだそうだが、
善し悪しが全く分からないので、紫明さん・こだまさんに選んでもらった。

仕事柄、極端に運動不足で精神的にも籠ってしまいがちなので、
健康維持・精神修養の為に頑張って続けようと思っている (`・ω・´)

※大阪剣友会の皆様、もし間違っている事や、
書いちゃダメ的な(秘伝みたいな・・・?)事を書いてしまっている場合、
随時ご指摘下さいませ (ノω`*)