菓匠 紫香庵様 スチール撮影。

手作りの和洋菓子を販売されている「菓匠 紫香庵」様で商品撮影を行った。

今回の撮影は、私の写真素材がきっかけで知り合った
有限会社 プロテック」の濱口道和社長のご紹介で実現した。

濱口社長は和歌山で保険相談の事業をしながら、コンサルタントとしても活動されている。

一般的な保険の販売とは全く異なる視点で事業を運営されている。

詳しくはコチラ
↓↓↓
「有限会社プロテック」 http://www.proteck.info/

紫香庵様は和歌山市役所のすぐ隣に位置しており、
名前から和菓子専門店のようにも思えるが、実は創作洋菓子も豊富だ。

お店に到着して、簡易の撮影スタジオを組み、早速撮影開始。

まずは・・・

メイプルプリン。

私はスイーツにはあまり詳しくないが、本場カナダ産のメイプルシロップを使っているらしい。

キャラメルプリン。

何とも言えない甘い香りがした。

ふくふくパイ。

これは撮影の合間に食させていただいたが、超美味しかった。

大福をパイにしたお菓子で、味わったことのない食感だ。

紀州太鼓。

和歌山城の焼印が入っている。

抹茶わらびロール。

すごくふわふわだったので、撮影するのに最も気を遣った。

ふわふわはちみつロール。

同じく超ふわふわ。

これは食させていただいたが、甘すぎないあっさりした生クリームと、
はちみつの味がしっかりついた生地が絶妙。

紀らやか。

中はこしあんとつぶあんの2種類。

金山寺みそパイ。

パイ系は表面に若干油分があり、敷紙に染みこんでくるので、若干焦る。

クッキーシュー。

これは本当にカワイイ過ぎて、逆にどうやって撮ろうか分からなくなったので、
とりあえず千代紙ひいてみた。

うすかわ饅頭。

お店の主力商品で、非常に人気がある。

撮影中にも多くのお客さんがこれを目当てで来店していた。

サンドイッチ。

なぜサンドイッチなのか。

しかし、美味しそうなことだけは確かだ。

ちょっと照明の加減が甘かったかも知れない。

私は調理人さんの手さばきを見るのが好きで、飲食物を撮る時の常として、
撮影の合間があると出来るだけ作業風景を見ている。

長い年月で培われた手さばきは熟練を感じさせ、それはとても美しい。

あそらく、少なくとも数年間武道をやると、そういう感覚は解ってもらえると思う。

菓匠 紫香庵」様の須賀良知社長は熟練の菓子職人である。

今回は撮影の時間がおしていたということもあり、
あまり作業場を覗くことはできなかったが、
少し仕込みをしているらしき姿を見ることができた。

インターネットでも販売されているようで、
しばらくしたら以下のサイトの写真と挿し代える形で、
今回の写真が載っていく感じになると思う。
↓↓ ↓
「菓匠 紫香庵」 http://www.shikoan.co.jp/

ホテルの食事企画フライヤー等。

過日撮影したホテルの料理写真がフライヤーになった。

今回、私は写真の撮影だけで、フライヤーの制作はクライアント様側で行った。

撮影当日の模様はコチラ
↓↓↓
「スチール撮影inホテルサンルート関空。」

1枚目はすごく秋らしいデザイン。

料理の器が特殊なものだったので、かなり時間がかかってしまったが、
良い感じのボケもでてると思う。

総料理長ともずっと打合せをしながら撮った。

2枚目は今回オープンしたレストラン。

次回撮る時は料理の色合いにもう少し要工夫。

夜景の写真は私が撮ったものではないが、実際にこのレストランからの眺めらしい。

3枚目は忘年会プランの価格表。

こうして出来上がりを見ると、皿の配置などはもっと考慮できると思った。

このパーティー料理は器と量がすごくて、撮るのがホント難しかったw

先日は同ホテルで、おせちの写真も撮ったので、また記事書こうと思う。

浪花の元気セミナー。

昨日、「第9回浪速の元気セミナー」に初めて参加して来た。

以前、調理レシピの撮影でお世話になった「willplan」の岩井社長の主催するセミナー。

元々は広島の「カエルカンパニー」の岡崎さん発祥だそうである。

調理レシピ撮影の模様はコチラ
↓↓↓
「スチール撮影in大阪南港。」
「スチール撮影in大阪南港 Second」

で、

テーマ:「ぼくでも、わたしでも、できるはず!!自分達でできる事を今日からでも始めたい方集合!」

講師:「ブラックキャットスニーズ」の盛知香子代表と「株式会社ダーナ」の山本時嗣社長

非常に興味深い体験談や仕事への考え方を聞くことができた。

二足のわらじを履きながらの異業種への起業の経験談や、
今までそんな仕事があるということすら知らなかった職業の話など、
非常に参考になった。

詳しくはコチラ
↓↓↓
「大阪活気向上委員会 」
http://www.okki.jp/

セミナー後の懇親会も盛り上がった。

参加してみて一番印象に残ったのは、みんながとても元気なこと。

最近は機会がなかったが、私も以前はセミナー・異業種交流会・
名刺交換会などには時々行っていたし、自分で主催してみたことも数回あった。

世相を反映してか、その時に会った人達は、とにかく不景気そうな感じの人や、
必死で仕事を取ろうという感じの、余裕のない人などが多かった。

しかし今回「浪速の元気セミナー」の参加者の方々は、とにかく元気である。

次回もぜひ参加しようと思う。

【撮影】ケースから学ぶ!生活相談員に必要な仕事力

DVD用のムービー撮影。

講義名:ケースから学ぶ!生活相談員に必要な仕事力
講師:梅沢佳裕
(福祉と介護研究所代表/社会福祉士/介護支援専門員/福祉住環境コーディネーター)
対象:介護事業従事者(特に生活指導員)
会場: 大阪私学会館
主催:株式会社 関西看護出版 http://www.kansaikango.co.jp/

本日の受講者は約100名。

ビジネス体系として未成熟な介護の業界においては、
その職種も不明確なものが多く、現場のスタッフが悩みを抱えるケースも少なくない。

今回はその中でも、特に職種として一般的に確立されていない
「生活指導員」の在り方についての講義が行われた。

リカバリメモ。

アプリの動作実験用などもに使用していたプライベートのPCが、
最近ではWeb閲覧と動画再生専用となりつつある。

いい機会なので中身の整理をと思ったのだが細かくやるのは面倒になったので、
メールのバックアップを抜いてリカバリすることにした。

以下にリカバリ後に必要な最低限のアプリをメモし、
再起動祭り開催。

———————————————————————————————-

Microsoft Security Essentials(セキュリティソフト)

Becky!(メーラー)

Windows Essentials Codec Pack(コーデック集)

Real Alternative(コーデック)

Media Player Classic(プレイヤー)

Alcohol 52%(仮想ドライブソフト)

Google Chrome(ブラウザ)

Google日本語入力(辞書ソフト)

oshiname.exe(拡張子編集支援ソフト)

———————————————————————————————-

以前はGINPとかExif編集用のソフトとかも入れていたが、
ほとんど使っていなかったので、今回でずいぶん整理できた感じ。

ごはんごは~ん。

相変わらず、ご飯の写真の人気はハンパない。

これは「梅干しご飯」+「備長炭炊飯」。

「みやぎ登米ふるさと館 新米販売予約」
http://item.rakuten.co.jp/tome-bazar/220821001/

トップページはこんな感じ。

地域の産物を販売されているようですね。

「みやぎ登米ふるさと館」
http://www.rakuten.co.jp/tome-bazar/

こういうのもあった。

当初DMに使用する予定だったのだが、
社外向けにしてはシュールすぎるということで、
社内用のポスターに使用していただいたようだ。

この写真に関しては、まさにこんなシュールな感じでの使用を想定して撮ったので、
ある意味意図が通じたのではないかと思い、嬉しい。

ムービー撮影inエル・おおさか(介護・看護職向けセミナー)

DVD用のムービー撮影。

講義名:豊かな生活を支える食事ケアの『い・ろ・は』点検~口から食べるための知識と技術~
講師:安永道生(老人保健施設ほの香療養部長/理学療法士)

定期的に出版社からの撮影及び商品化の依頼を受けている。

「株式会社 関西看護出版」
http://www.kansaikango.co.jp/

講義現場では、専門書とDVDの販売も行っている。

今回の現場は天井が異様に低いので、非常に撮影しにくい。

今回の受講者は約90名。

ヘルパーと看護師が対象。

もちろん私は門外漢ではあるが、毎回非常に興味深い話を聞くことができ、
なかなかに面白い仕事である。

肉写真。

肉の写真をご使用いただいた。

1件目、社員食堂用のポスター。

私は社員食堂があるような規模の会社で働いたことはないが、
こうして社内用の福利厚生的なものもちゃんと制作する会社って良いなぁと思う。

「魚国総本社」
http://www.uokuni-s.co.jp/

2件目、焼肉屋さんのメニュー。

制作しているデザイナさんのご厚意でデータを送っていただいた。

個人的に鶏が食べたくなった。

しばらく新しい写真素材を増やせてないにも関わらず、
ダウンロードしていただく数がどんどん増えている。

頑張ろうーーーヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ

スチール撮影inホテルサンルート関空。

ホテルサンルート関空でスチール撮影を行った。

このホテルでの撮影は今回が初めてだった上、スケジュールの都合で、
事前に詳細な打合せが出来なかったため、撮影の環境・内容・要望など、
全てが手探りの中での撮影となった。

まず各レストランの秋メニューの撮影。

レストランはホテル内に3軒あり、和洋中がそれぞれ楽しめる。

※メニューに使用する写真を載せるのは好ましくないと判断し、
撮影の合間にフリーで撮ったものを掲載。

これからの季節の主役、鍋各種。

宴会メニューのオードブル。

総料理長の傑作。

メニュー撮影の合間に、店舗の撮影も行った。

今回19Fにリニューアルオープンした洋食レストラン「S’Port」。

美しい店内。

窓からは大阪湾を一望できる。

そして5Fにある日本料理「白水」。

庭の見える座敷。

◆ 今回の撮影の反省 ◆

◇ 今後の改善点

・店舗撮影は、事前にロケハンをもっとしっかり行い、
日照時間に合わせてカットと撮影時間を決める。

・料理撮影は、宴会場等の照明を足しても光量不足になってしまう環境を避ける。

・レンズの歪みを考慮したアングルも撮っておく。

◇ 評価出来た点

・時間はかかったが、光源の強さと質を考慮して、同カットを多様な撮影方法で撮っておいた。

・撮影時間がおしても、雰囲気に流されず、踏ん張れた。

・ホテル側のスタッフに非常に喜んでもらえて、後日の別の撮影も依頼された。

以上!お疲れっした!