【私的概論】三脚Vol.2

「SLIK F740」の個人的な使用感。

◇ メリット
・非常に安価である。
・価格の割に全体的な構造が良く、精度も高い。
・脚の伸縮操作がしやすい。

◇ デメリット
・雲台の交換ができない。
・パン棒の締め込みの精度に厳密さがない。

メリットは書いた内容そのまんま。

デメリットの「雲台の交換」だが、雲台とはカメラを直接固定して支持するための、三脚の脚の上に付いている機材。

これを操作することにより、カメラの向きや傾きなどを調整することができる。

雲台は撮影条件や使用感の好みで交換ができた方が便利であるが、この三脚では雲台が作り付けとなっているため、交換が出来ない。

次の「パン棒の締め込み」だが、パン棒とは雲台に付いている、カメラの向きを操作するするための棒。

この三脚では、パン棒を緩めてカメラの上下を調整したあと、締め込んでカメラを固定するのだが、締まる部分の部品がプラスチック製であるため、締め込むことで若干アングルが変わってしまう。

締め込む感触を感覚的に表現すると、キュッっと締まるのではなく、ギュギュウウウッという感じ。

このギュギュウウウッの時にほんの少しアングルが狂う。

私はマクロ撮影をすることが多いので、余計気になったのかも知れない。

今回はデメリットを強調したみたいな内容になってしまったが、基本的にこのクラスこの価格の三脚としては申し分ない品質である。

三脚は意外と高いんだぜ。」でも書いたように、後にステップアップすることを前提に、入門用を探しているのであれば、買いだ。

次回は最近買った三脚について書こうと思う。

◆ 【私的概論】三脚 シリーズ ◆

三脚は意外と高いんだぜ。

【私的概論】三脚Vol.1

【私的概論】三脚Vol.2