抜刀動作について

2011年5月22日に掲載した記事「リハビリ中に抜刀」の中の私の動画に関して、過日ツイッター上で他流派の方々を交えての居合談義となったのだが、私の浅学さ故に謎が残った。

そこで、剣友会での稽古の際に先輩方に質問し、詳細をご教示いただいた。

対象の動画は以下のものである。

ツイッター上での議題で謎が残ったのは、「居合腰になったときに鞘を引き出して構えているが、それはどうしてなのか?」という内容であった。

それに関する内容に触れる前に、前提として以下の内容を記載しておく。

 

動画で抜いているのは、大阪剣友会で無外流や竹明流などの刀を習い始める際に、一番初めに習う基礎訓練的な三本の業で、「基本の三本」と呼ばれている。

「抜き打ち」「十文字」「逆袈裟」の三本で構成されており、刀の基本的な抜き方が網羅されている。

この動画を撮った時、左手首骨折回復のためのリハビリを始めたばかりで、左手でしっかり柄を保持することができなかったため、「十文字」「逆袈裟」のニ刀目は省略して稽古している。

また、痛みで鞘の操作が行い難かったため、必要以上に鞘を引き出してしまっているので、それが目立ったのかも知れない。

そして大前提として、私は極めて初心者であるからして、下 手 で す よ ー 。

 

・・・ゴホン。

以上の状況をふまえ、肝心の内容の方に移る。

大阪剣友会では無外流でも竹明流でも共通して、構える際は鞘を引き出して鯉口を抜く方向に返す。

教えの内容によると、鯉口を返すのは無外流の特徴。

また、鞘を少し出すことに関しては、構える際に自然と出るので、他の流派でも少しは引き出しているはずだとのこと。

つまり、大小の差はあれ、構えたときに鞘は引き出されているということらしい。

そして肝心の鞘を引き出す理由についてだが、鯉口を返すことと合わせて様々に教えていただいたが、まとめると以下のようになった。

 

1.素早く抜刀する。

予め鯉口を抜刀方向に返しておくことにより、鞘を捻る動作なしで一直線に早く刀が抜くことができ、抜刀後の振りの速度も速い。

刀の軌道が読まれやすといういリスクはあるが、早さと気迫で押し斬るようにするとのこと。

また、鞘を引き出して、正中線に近い位置から鞘側と柄側に均等に抜刀していくことで、鞘放れの際に体を左右に開きやすくし、抜刀の勢いを高める。

2.正中線を防御する。

鞘を引き出し、鞘と鍔を正中線上に持ってくることによって、正中線周辺を防御する。

おそらく、抜刀動作を中断して柄での防御動作に移行するのも、こちらの構えの方が有利だと思われる。

 

以上が今回の談義に関する回答である。

また更なるご意見があれば、後学のためにも頂戴したい。

左手の調子もずいぶん良くなってきたので、前述の「基本の三本」に関しては、再度撮影して掲載してみようと思う。

以上っ!寝るっ!