新しい刀

約半年前に注文した刀が、やっと届いた。
刀のスペックは以下の通り。

刃渡り:2尺4寸
刃文:湾れ小乱
樋:棒樋
柄寸法:8寸5分
柄形状:武蔵拵
柄糸:純綿黒
柄巻:捻り巻
柄鮫皮:黒塗り
目釘:垂直一本
鍔:海鼠透武蔵(鉄)
縁頭:武蔵(鉄)
目貫:蜂(色上げ)
ハバキ:加州ハバキ(古銀仕上)
切羽:柄側古銅仕上・ハバキ側古銀仕上
鞘塗り:黒石目
鵐目:金色金具
鞘鐺:なし
下緒:純綿黒

刃は幅広。
刃紋は湾れ小乱でちょっと派手め。

鉄製焼付の質素な頭金具。

鮫皮は親粒なしの黒漆塗り。
目貫は黒と金色の蜂。

鍔は鉄製焼付で、武蔵が考案したデザインと伝えられる海鼠透かし。
縁金具は完全無地の、同じく鉄製焼付。

柄側と刃側で異なる色の切羽を指定した。
シンプルな拵えに、アクセントとなる加州ハバキは、厨二病患者にはオススメだっw

鵐目は金色の金具。

実は、納刀状態だと黒色×金色になり、抜刀状態だと黒色×銀色の組み合わせになるように、各部の色を指定している。
納刀状態だと、刃と刃側の切羽とハバキは鞘に隠れているため、鵐目と目貫の金色だけが見える。
抜刀状態だと、 鵐目と目貫が手に隠れ、刃と刃側の切羽とハバキの銀色だけが見える。

モチーフを廃し、質素で質実剛健な拵えでありながら、かつ個性的である、というのがテーマ。