菓匠 紫香庵様 スチール撮影。

手作りの和洋菓子を販売されている「菓匠 紫香庵」様で商品撮影を行った。

今回の撮影は、私の写真素材がきっかけで知り合った
有限会社 プロテック」の濱口道和社長のご紹介で実現した。

濱口社長は和歌山で保険相談の事業をしながら、コンサルタントとしても活動されている。

一般的な保険の販売とは全く異なる視点で事業を運営されている。

詳しくはコチラ
↓↓↓
「有限会社プロテック」 http://www.proteck.info/

紫香庵様は和歌山市役所のすぐ隣に位置しており、
名前から和菓子専門店のようにも思えるが、実は創作洋菓子も豊富だ。

お店に到着して、簡易の撮影スタジオを組み、早速撮影開始。

まずは・・・

メイプルプリン。

私はスイーツにはあまり詳しくないが、本場カナダ産のメイプルシロップを使っているらしい。

キャラメルプリン。

何とも言えない甘い香りがした。

ふくふくパイ。

これは撮影の合間に食させていただいたが、超美味しかった。

大福をパイにしたお菓子で、味わったことのない食感だ。

紀州太鼓。

和歌山城の焼印が入っている。

抹茶わらびロール。

すごくふわふわだったので、撮影するのに最も気を遣った。

ふわふわはちみつロール。

同じく超ふわふわ。

これは食させていただいたが、甘すぎないあっさりした生クリームと、
はちみつの味がしっかりついた生地が絶妙。

紀らやか。

中はこしあんとつぶあんの2種類。

金山寺みそパイ。

パイ系は表面に若干油分があり、敷紙に染みこんでくるので、若干焦る。

クッキーシュー。

これは本当にカワイイ過ぎて、逆にどうやって撮ろうか分からなくなったので、
とりあえず千代紙ひいてみた。

うすかわ饅頭。

お店の主力商品で、非常に人気がある。

撮影中にも多くのお客さんがこれを目当てで来店していた。

サンドイッチ。

なぜサンドイッチなのか。

しかし、美味しそうなことだけは確かだ。

ちょっと照明の加減が甘かったかも知れない。

私は調理人さんの手さばきを見るのが好きで、飲食物を撮る時の常として、
撮影の合間があると出来るだけ作業風景を見ている。

長い年月で培われた手さばきは熟練を感じさせ、それはとても美しい。

あそらく、少なくとも数年間武道をやると、そういう感覚は解ってもらえると思う。

菓匠 紫香庵」様の須賀良知社長は熟練の菓子職人である。

今回は撮影の時間がおしていたということもあり、
あまり作業場を覗くことはできなかったが、
少し仕込みをしているらしき姿を見ることができた。

インターネットでも販売されているようで、
しばらくしたら以下のサイトの写真と挿し代える形で、
今回の写真が載っていく感じになると思う。
↓↓ ↓
「菓匠 紫香庵」 http://www.shikoan.co.jp/


菓匠 紫香庵様 スチール撮影。」への4件のフィードバック

  1. んも~~~~!!!!
      なんってイイお仕事してらっしゃるんですかぁぁ!!!!

      あっかん、全部食べたい!お腹すいた!!!
     全部のうち、パイとロールケーキと薄皮まんじゅうがとくに・・・

     お取り寄せより直接お店で買う方が美味しいんやろなぁ・・・・

      和風にも洋風にも和紙ってあいますね、異常にお腹すきましたよ☆

  2. スイ~ツぅ(^u^)♡
    和歌山って何気にご当地菓子が豊富やな

  3. >UMIさん
    ふくふくパイとはちみつロールは食べましたが、美味しかったです^^
    お取り寄せでも1日で着くと思うのであまり変わらないとは思いますが、
    近い和歌山なので直接行ってみるのも良いかも知れませんネ (^ー^* )

  4. >かねやんさん
    そうですよね~ ヽ(‘ ∇‘ )ノ
    色々とご当地菓子あるわりには、全国的には知られていないものが多い気がしますね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。