じゃがいもである。

クライアントであるお寿司屋から、じゃがいもを頂戴した。

鹿児島産の紫色のじゃがいもである。

さつま芋かと思いしつこく確認したが、そうではないと言う。

こんな芋は見たことがない。

コロッケにするのが一番と聞き及んだが、あいにく家で揚げ物はしない主義だ。

そこで、肉じゃがにしてみた。

中身の色や切る感触は、普通のじゃがいもと変わらない。

そして煮る。

ふむ、少々だしが多かったか。

食してみると、なかなかに美味である。

常ならぬ濃厚な味わいがある。

ただ、普通のじゃがいもと比べると、どうやら溶け崩れ易いように見受ける。

煮物には向かぬのやも知れぬ。

さつま芋とじゃがいもの特徴を合わせ持っているようでもある。

次の機会があるようならば、ポテトサラダなどにして食ろうてみようか。

などと思案の中、床に入る。


じゃがいもである。」への2件のフィードバック

  1. あかいもだぬ(^u^)
    「きたあかり」や「インカの目覚め」なんかもジャガイモの品種ですよ~

  2. >かねやんさん
    ほおおー「あかいも」ですか・・・そのまんまですね・・・
    他の2品種は赤くななかったですが、やはり一般的なジャガイモとは異なるのでしょうか (・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。