新しい刀

約半年前に注文した刀が、やっと届いた。
刀のスペックは以下の通り。

刃渡り:2尺4寸
刃文:湾れ小乱
樋:棒樋
柄寸法:8寸5分
柄形状:武蔵拵
柄糸:純綿黒
柄巻:捻り巻
柄鮫皮:黒塗り
目釘:垂直一本
鍔:海鼠透武蔵(鉄)
縁頭:武蔵(鉄)
目貫:蜂(色上げ)
ハバキ:加州ハバキ(古銀仕上)
切羽:柄側古銅仕上・ハバキ側古銀仕上
鞘塗り:黒石目
鵐目:金色金具
鞘鐺:なし
下緒:純綿黒

刃は幅広。
刃紋は湾れ小乱でちょっと派手め。

鉄製焼付の質素な頭金具。

鮫皮は親粒なしの黒漆塗り。
目貫は黒と金色の蜂。

鍔は鉄製焼付で、武蔵が考案したデザインと伝えられる海鼠透かし。
縁金具は完全無地の、同じく鉄製焼付。

柄側と刃側で異なる色の切羽を指定した。
シンプルな拵えに、アクセントとなる加州ハバキは、厨二病患者にはオススメだっw

鵐目は金色の金具。

実は、納刀状態だと黒色×金色になり、抜刀状態だと黒色×銀色の組み合わせになるように、各部の色を指定している。
納刀状態だと、刃と刃側の切羽とハバキは鞘に隠れているため、鵐目と目貫の金色だけが見える。
抜刀状態だと、 鵐目と目貫が手に隠れ、刃と刃側の切羽とハバキの銀色だけが見える。

モチーフを廃し、質素で質実剛健な拵えでありながら、かつ個性的である、というのがテーマ。


新しい刀」への6件のフィードバック

  1. キタねキタね!おめでとう。
    鎺(はばき)かわってるーー。初めて見ました。
    頭金も面白いし、巻下鮫が黒だとより高級に見えますね。
    今ちょうど拵の名称丸暗記中だったから勉強になったです。

  2. おー、シンプルでいいね。
    Tweetでやりとりしててあれ?と思ったので自分の柄見たら、
    はばき近くが太くて真ん中が細く、柄頭ははばきがわほどじゃないっていう感じでした。
    私のは何拵えとか指定しないで、色や小物を指定(ていうか小物は自分の好きなのを色んな店からばらばらに買った)当時の先生に拵えてもらったので、何のつもりでつくられたものなのかそもそも不明w

    な、生意気に刃紋などつけおって…み、みておれ…w

    ちょっとちゅんちゃん、はばきなんて良く字が出るね、うちのは出ないよ!笑

  3. >ちゅーんさん

    ハバキの漢字って入力できるのかw
    あの形状の頭金は武蔵拵の特徴だね。
    薩摩拵も似たような形の丸い金具を使うけど、彫りとかのバリーエーションがたくさんあって、それはそれで好きだな。

  4. >陸さん

    そう言えば、陸さんの刀は小さな画像でしか見たことがないから、今度は大きな画像で見せて欲しいw
    パーツがバラバラだと、明確に拵の分類に当てはまらないかもしれないけど、柄の形状から、時代拵って言われているやつだと思う。
    金具の種類や柄巻の方法によっても区分は変わってくるみたいだけどね。
    形から入るわけじゃないけれど、道具にはこだわる方なので、今回の購入にあたってはかなり勉強したのですよw
    ふふふ・・・こういう刃紋だと、高級感があるやろ・・・w
    陸さんのも、刃紋なしってことはないだろうから直刃の紋ってことかな。

  5. シンプルでいいね!
    この刀は2本目?
    なぜまた作ったん?

  6. >鬼ノ下さん

    元々使っていた刀は、居合始める少し前に、何も分からずに趣味で購入した物やったから、そもそも居合用とも組太刀用とも観賞用とも言えない、中途半端な造作の刀やったねん。
    本格的に傷んできたのを機会に、長年使えるようなしっかりした刀にしよ思てなw
    当面は真剣使うこともないやろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。