鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ七

鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ壱
鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ弐
鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ参
鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ四
鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ伍
鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ六
の続き。

ニス塗り失敗の状態で修理を終了するのはどうも納得いかなかったので、黒色のアクリル系塗料のスプレーで塗装することにした。

まずは念入りにマスキング。
鐺の部分も塗装が剥げてきていたので、ついでに塗装する。

屋外で塗装して乾燥させる。

2度の重ね塗りを経て完成。

鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ六」での失敗は、なんとか挽回できたように思う。

刀を納めると、もう少し完成度が高く見える。

今回の鞘の修理は、美しさを求めつつ、できるだけ安価に済ませることがテーマであった。

◆ 今回の鞘の修理費用

黒木綿糸(100均)105円
黒染皮藤(ネット通販)1050円
木工用ボンド(100均)105円
木工用瞬間接着剤(100均)105円
アクリル塗料黒スプレー (100均)105円
ニス(100均)210円
ハケ(100均)105円
カッター (100均)105円
マスキング用テープ(100均)105円
ラップ (100均)105円
ティッシュペーパー (100均)105円

合計:2205円

しかも修理用の材料はかなり余ったため、今回と同様の修理が後4回は可能である。
そういう意味では、 今回の修理単価は441円であるとも言え、成功ではないかと思う。

まあ、そう頻繁に修理することになってもたまらんけどなw

鞘が割れて困っている人で、このレベルの仕上がりで良いという人は、言ってもらえれば修理しますよ~w
もちろん、失敗した際の責任は負いかねますが・・・w


鞘割れ侍、鞘の修理をするの巻 其ノ七」への4件のフィードバック

  1. 鞘割れ侍シリーズおもしろかったぁw
    其之六でニス倒したときはドキドキしたけど、綺麗に仕上がってますね。皮藤以外、100均ってとこもすごい。

  2. >ちゅーんさん

    この記事書き始めてから、鞘割れ系の検索ワードからの閲覧が毎日あるw
    毎日どこかで誰かの鞘が割れているということなんだろうね・・・

  3. 私は合気道をしていまして、剣を極めたく居合いを初めまだ1年目の野狐禅です。
    切り上げの稽古中、割ってしまいました。
    よしよし侍さんの補修を見てなんとか自分で補修してみようと思うのですが、皮藤を触ったことがなく、巻きはじめや、巻き終わりなど巻きかたがわかりません。
    そこらへんがよくわかるように教えてもらえないでしょうか?

  4. >野狐禅様

    コメントを頂戴し、まことにありがとうございます。
    当時の修理から年月も経ち、この刀もすでに長い間使用しておりませんでしたので、コメントをいただいてから修理方法の詳細を思い出そうと早速に取り出しました。
    おっしゃる通り、籐の巻きは始点と終点が最も肝要であり、籐の両端を綺麗に始末するのには少々の技術と工夫が必要かと存じます。
    文章や完成品の写真のみで、詳細な手順をお伝えすることは困難かと思われますので、拙いながら図解にてお伝えできればと思います。
    必ずや解りやすいかたちにてご回答させていただきますので、今少しの期間を頂戴いたしたく存じます。
    記事がまとまりアップできました、改めてご一報差し上げますのおで、何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。