弓と自転車

昨日、弓を引きに行ってきた。

高校・大学での7年間は弓道部で弓を引き、四段を取得していたのだが、社会人になってから弓を引くことはなかった。
しかし、居合をやり始めてからというもの、様々な武道に触れる機会が増えたせいだろうか、もう一度弓道家として復帰したいと思うようになった。
さらに近年では、高校や大学時代の弓道部の先輩・後輩・同輩達とも、OBが関わる行事を通じて接触する機会も増え、その気持はますます大きくなっていた。

しかし、弓道は普通の体育館で稽古ができるというものではなく、専用の道場がなくては稽古ができない。
近所に道場がないことや、道具が揃っていないことを理由に、やるぞやるぞと言いつつも、ズルズルと先延ばしにして2年ほどが経っていた。

そしてついに昨日、彼女も連れて岸和田市総合体育館内にある弓道場に行ってきた。
ここは大阪でも唯一の全天候型の弓道場で、通常は青天である矢道も含め、全てが室内という、珍しい弓道場だ。


大きな地図で見る

十数年のブランクがあること、居合の稽古も続けたいので頻繁に弓を引きには来れないことを考慮し、しばらくは団体などには所属せず、独りで基礎の稽古のみに終始しようと考えていた。
それゆえ、団体が使用していない時間に行って、独り稽古することにした。

ところが、当たり前といえば当たり前なのだが、個人使用の時間もその道場に所属している団体の人が数人いて、個人稽古を行なっていた。

独り稽古を目論んでいた私だったが、同じ空間で稽古する以上、挨拶しないわけにもいかないので、挨拶をして少し話した。
相手のプライバシーがあるので詳しくは書かないが、先生と呼ばれるや立場の人が非常に気さくに話してくれた。

その後、準備を終えた私は、素引き(矢を番えないで弓を引く)をのんびりやっていたのだが、的前を引いてみろとその先生が言ってきた。
筋力も不十分で射型も乱れているだろうから、あらぬ方向に飛ばして矢が折れたり、万が一にも事故が起こっては嫌だなと思い、しばらく基礎練習に専念するつもりだった旨を伝えたのだが、こう返された。

「一度自転車に乗れた人は、何年のブランクがあっても自転車に乗ることができる。弓はそれと一緒だからねぇ。」

なるほどなー。
じゃあ、やってみるかね。

と思い、とりあえず巻藁で矢を放ってみるたが、思っていたほど違和感はない。

そこで、十数年ぶりに的前を引いてみた。
記念すべき、復帰第一射目なので、彼女に撮ってもらった。
一番手前が私w

思っていたほど射型は乱れていなかったが、離れ(発射の瞬間)は最悪やねw
縮んでるし、力の方向も良くないし、早気(気力が充実していない内に早く発射してしまうこと。早漏みたいなもんw)
両方の手の内の緩み具合は壊滅的や。

ぼちぼち精進します。

そして帰り際に、そこの団体の入会申込書をさり気なくその先生から渡された。
ま、入るけどw


弓と自転車」への4件のフィードバック

  1. 久々にセンパイの射を拝見出来てオイラ嬉しいっす。
    私も肩甲骨のあたりがウズウズしてきましたwww
    でも、私はモタレです(いわゆる遅ry)www

  2. >鬼ノ下さん
    会費が激安やし、試合に出れるようになるしな!

  3. >hazukiさん
    ははは、たまには運動も良いぞー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。